2012年12月9日日曜日

その掌には

舞踊家は、輝く珠を手に持ち踊る。


手を返しても、高く上げても、珠は落ちない。


珠は時に艶やかに輝き、時に軽妙に弾む。


 


ある時、ポトンと珠が手から離れ、落ちた。


舞踊家にとって、生まれて初めての出来事だった。


珠は人々には決して見えないものだったが、観客は皆、息を飲んだ。


珠は、そのままどこかに転がっていってしまった。