2014年3月30日日曜日

三月三十日 旅立たない傘

折りたたみ傘が旅に出たいと騒ぐ。風が強いせいだろうか。新しい傘に嫉妬しているのかもしれない。


私は必死に傘を持つ。でも、心のどこかで、傘のしたいようにすればよいじゃないか、と思っている。


そんな瞬間にいっそう強い風が吹き、傘はおちょこになってしまう。


それでも私にはこの傘が必要なのだ。電車に乗る度、屋内に入る度、私は折り畳み傘を丁寧に畳み、カバーを着ける。


畳まれた傘は少し泣く。



2014年3月27日木曜日

三月二十七日 白いものたち

白い花が一面に散らばっている。雨に濡れた辛夷の花。


花を落としてしまった辛夷の樹は、茫然自失で雨に打たれている。


「気持ちがわかるなあ」


樹を見上げながらウサギは言う。


「ウサギの花はどこに咲くのだ?」


からかってみたものの、白い花びらの中で佇むウサギと辛夷は確かによく似た気配で、しばし見惚れる。



2014年3月26日水曜日

三月二十六日 紫

幾万もある紫のうち、今日やってきたのは二色だった。
丁重に迎え入れ、それぞれに水を出す。
二つの紫は、少しずつ水を飲み、その度に紙の上で寝てしまう。
またちょっと目覚めて水を飲み、新しい紙の上で寝る。
そうして出来た紫のグラデーションが二色。濃いの薄いの、薄いの薄いの、儚いの。
並べてやわやわと撫でた。


2014年3月23日日曜日

三月二十三日 廃墟

ようやく辿り着いた九階、息を整え外を眺めると、巨大な廃墟が広がっていた。


コンクリートの残骸、剥き出しの鉄骨。錆だらけのショベルカーがあちこちに放置されている。


時が止まったような光景が眼下に広がり、足がすくむ。


「毛が逆立っちまう」珍しくウサギも怖がっている。


春の風も、廃墟には届かない。



2014年3月20日木曜日

三月二十日 新しい傘

新しい傘は、おそらく有能過ぎるのだ。


 


雨粒は美しい音を奏でる。


今までに聞いたことのないような音で、雨粒は傘に落ちる。ポタポタでも、ザアザアでもなく、リンリンと。


 


雨粒はするすると転がる。


目を凝らして見る限り、雨粒はすべて等しい大きさの球体となって、傘の縁まで転がり、そして地面に落ちた。


 


そして、新しい傘は非常にプライドが高いようだ。


店内に入る時に渡されたビニールの袋を、何度着せても脱いでしまう。



2014年3月19日水曜日

三月十九日 カワウソの香り

「カワウソに触ったな」と、ウサギが睨む。「どうしてわかった?」
「カワウソ臭い。魚臭い。酒臭い」
どうやら、ウサギにとってカワウソはひどく匂うらしい。自分で手や服を嗅いでみたけれども、よくわからない。
ウサギは臭い臭いと言いながら、ずっとまとわりついてカワウソ臭とやらを熱心に嗅いでいる。
「うん、よい出汁が取れそうだ」と、呟いたのを聞き逃さなかった。


2014年3月18日火曜日

三月十八日 フローズンヨーグルト

「十二歳? 歳男か」


ウサギが十二歳になったという。まだほんの子供ではないか、こんなにふてぶてしいのに。


「どうしてウサギの癖に、卯年に生まれなかったんだ?」と問い詰める。


ウサギは「知ったこっちゃない」と、すねてしまった。


「フローズンヨーグルトを分けてやろうと思ったのに」と呟いた声は、春一番にかき消された。



2014年3月13日木曜日

奇行師と飛行師22

森の木は伸びる。駱駝の瘤姫が背伸びする。手を伸ばすが奇行師には届かない。
森の木はもっと伸びる。鯨怪人がジャンプする。奇行師は小さくなる。
森の木はぐんぐん伸びる。飛行師が力の限り上昇する。大声で奇行師に呼びかける。
「どこまで行くんだ? 奇人の旅はどうするんだ?」
「愉快だ愉快だ、実に愉快だ。ひゃっふヘイ!」 とうとう奇行師の声は聞こえなくなった。
飛行師が地上に戻ると、駱駝の人形と、鯨のおもちゃと、カタツムリと、蟻地獄とマッシュルームが転がっていた。
「イテ」飛行師の頭に赤いハイヒールが落ちてきた。
飛べない飛行師はただの人だ。赤いハイヒールを握りしめ、もういちど奇行師を追いかけようと飛び上がろうとしたが、できなかった。

駱駝と鯨とカタツムリと蟻地獄とマッシュルームをポケットに入れて、さてどうやって帰ろうか。空を見上げて思案してい
る。

(完)

2014年3月10日月曜日

奇行師と飛行師21

口をパクパクさせている蝸牛男に「おい、金魚男になってしまったのか?」と鯨怪人がからかう。
「こりゃ、茸仙人。似非読心術で蝸牛男を驚かせたな」
「蟻地獄じいさん、ごめんなさい……」
「蝸牛男よ、読心術などではない、たんなる年の功だ。驚かなくてもよい」
蝸牛男はまだ疑いの目で、蟻地獄男爵と茸仙人を代わる代わる見ている。
珍妙な祖父と孫の様子を見て、奇行師は大いに喜び、森の木に登り始めた。


2014年3月4日火曜日

夢 御器噛

円形の乗り物を得た御器噛は、五匹で徒党を組み、喜び勇んで頭だけ乗り込んだ。頭隠して尻隠さず。

五匹の御器噛は、各々が前進しようとするので、酷く迷走している。

奇っ怪な御器噛団を見つけた私は、殺虫剤を片手に暫し瞑想。