2014年3月26日水曜日

三月二十六日 紫

幾万もある紫のうち、今日やってきたのは二色だった。


丁重に迎え入れ、それぞれに水を出す。


二つの紫は、少しずつ水を飲み、その度に紙の上で寝てしまう。


またちょっと目覚めて水を飲み、新しい紙の上で寝る。


そうして出来た紫のグラデーションが二色。濃いの薄いの、薄いの薄いの、儚いの。


並べてやわやわと撫でた。