2012年2月19日日曜日

針鼠と蛇の喧嘩

啓蟄。


「やあ、蛇。ぼくのごちそうになる気はないかい?」


「おはよう、針鼠。ずいぶん旨そうなツラをしてるね」


そんな会話を交わして、針鼠は蛇を、蛇は針鼠を食べようとした。


が、お互いがお互いを食おうというのだから、これがうまくいくわけはないのだ。


「まず、オレがお前を食べるよ、針鼠」


「いいや、ぼくが先だよ、蛇」


喧喧囂囂。


針鼠は困っていた。蛇が絡まって解けないのだ。


蛇もまた困っていた。針鼠が刺さって動けないのだ。


多くの獣や鳥が見ていたが、誰も二人を解き外す術を知らない。