2011年12月2日金曜日

魚捕りの名人川獺とずるい狐

どうしても、川獺は褒められると弱いのだ。


何が情けないって、狐のお世辞や煽てに騙されること。


浮かれた隙に捕まえたばかりの魚を盗まれるのだ。


川獺は友達にも聞いてみた。やっぱり、褒められると盗まれるという。


「今度は狐をわざと褒めてみようかしら」と川獺は思っている。


「嘘でも褒められたら、あの狐もきっと照れるだろう。照れたら盗むのを忘れるかもしれないよ」


とてもよい思いつきだ、と川獺は思った。


川獺は嘘が苦手だということをまだ自覚していない。