2013年2月6日水曜日

鍋の謝罪

「申し訳ありません」


と、火から下ろした鍋が呟いた。


「え?」


聞き返すと


「申し訳ありません。火の通リが不十分で……」


あら、それならもう一度、火にかけるから大丈夫、教えてくれてありがとう。


鍋を火に戻すと


「私が未熟なばっかりに」


とまだぶつくさ言っているので、その日の煮物は黙って食べることにした。



鍋を買おうとしているのですが、目的の鍋が品薄らしく、


注文すると「在庫切れのためキャンセルとさせて頂きます」のメールが来て悲しんでいるのです。


既に持っている鍋をちょうどよく使っているので大きさ違いの物を買おうとネットで注文したわけです。


で、もう2回も品切れでキャンセルされてしまいました。


まあ、別に高級ブランド鍋ではないので、似たようなものを探せばよいのですが。