2012年10月11日木曜日

人形を返却した話

図書館へ向かう道は、いつもと同じはずだった。植え込みの上で倒れている人形を見るまでは。


人形は薄汚れ、瞼は閉じるでもなく、薄目を開けて空を見ていた。私はその人形を避けるように歩いた。


図書館に着くと、職員たちが全員、薄目を開けたような顔をしていた。あの人形そっくりだった。


私は人形の元に戻り、抱きかかえて図書館に行った。


人形を職員に渡すと、彼は愛おしそうに人形を撫でた。


そして人形は童話に、職員たちの顔にも生気が戻った。