2012年10月1日月曜日

十六夜

「台風一過の十六夜は、あまりに眩しいので、サングラスならぬムーングラスが必要なのだ」


男は、もっともらしいことを言う。


ムーングラスとやらは、まん丸いメガネで色はついていない。


「いい声ですね」


すると、男はポケットから愛おしそうに鈴虫を出して見せた。


鈴虫が鳴くと、ムーングラスはすこし歪むらしい。ムーングラスが歪むと、男の目が潤んでいるようにも見えた。


十六夜の月に似ていると思った。