2012年6月19日火曜日

台風の声が聞こえる

台風がやってくると、私は小さな土鈴を窓際にぶら下げる。


鈴といっても、中は空で普段は振っても音はしない。


台風の雨風のときだけ、鈴は歌う。


チリンチリンというときもあるし、ヒュルンヒュルンというときもあるし、ルルルルルというときもある。


これは鈴ではなくて、笛なのかもしれないと思って、一生懸命吹いてみたけれど、やっぱり台風のときにしか音は出ない。


「どうして?」と祖父に聞いたけれど、祖父は「作った人が嵐のような人だったから」と遠い目をして言うだけだ。