2012年6月11日月曜日

踊る

目の前にピエロが現れた。ピエロは僕を一瞥して、踊り始める。


激しいステップを踏むのに、足音はしない。涙を流して天を仰ぐのに、嗚咽は聞こえない。


僕は、ピエロが無音で踊ることを知った。


 


ピエロはターンして、鏡になった。


鏡の中のピエロがじっと僕を見ている。


僕は踊り始める。音も立てずに、踊り続ける。