2012年4月5日木曜日

野の歩哨

いつでも最前線で警備に当たるという自負がある。


かつて野の歩哨として活躍していた椋鳥たちは、田の歩哨となり、今は街の警備に当たっている。そこが最前線であるからだ。


駅前のネオンに照らされたねぐらは、二十四時間警備には都合がいい。おかげで街の椋鳥は寝不足で、それゆえ鳴き声も喧しい。



『鳥獸蟲魚の生態』が終わりました。難しかったなあ。


難しいと感じるタイトルこそ、思わぬものが書けたりするものです。


 


次からは、500文字の心臓のタイトル競作のタイトルを蝨潰そうという魂胆です。