2013年12月4日水曜日

奇行師と飛行師11

優雅に海上すれすれ飛行しているはずだった飛行師が、いつのまにかフラフラ飛行になっていた。


「しっかり飛べ! 次なる変人を見つけるのだ!」と背中に乗せた変人トリオにドヤされる。それもそのはず変人三人が背中の上で酒盛りをしているのだ。


酒を嗅いだだけで酩酊する飛行師、立派な酔っぱらい飛行である。うとうととしてハッと目覚めるを繰り返すこと幾度、そこは砂漠だった。


「砂漠だ! 砂漠だ! 我が初恋の人、駱駝の瘤姫は今何処!」


鯨怪人が叫んだ。