2012年9月10日月曜日

連れてゆく

ある朝、まだ着替えないうちに、クマ氏がやってきた。


「お連れします」


と言う。どこへ? こんな格好のままでよいのかしら? お財布は? 鍵は? 歯も磨いていないのよ?


色々と質問が湧いてきたけれど、クマ氏は私に背中を向けて屈んだ。


私は仕方なく、クマ氏の背中にしがみついた。


よれよれの赤いチェックのパジャマのままクマにおんぶされる。


クマの背中は広かった。


「私をどこに連れてゆくの?」


答えを聞く前に、私は眠ってしまった。


あんまりクマ氏の背中が頼もしいから、どこに連れて行かれてもいいような気がしている。