2012年7月27日金曜日

サンダル

グニュ、とも、ブニュ、ともつかない、奇妙な踏み心地だった。


新しく買ったサンダルは、履いたその日に壊れてしまった。


壊れたというのは正確ではないか。だって革が切れたわけでも、底が外れたわけでもないのだから。


そりゃあ、もう、何度も矯めつ眇めつあちこち検めたから、間違いない。物理的にはどこも壊れていない。


ただ、へんてこな気味の悪い踏み心地が、時折現れるのだった。


一体、このサンダルの前世は何を踏んでしまったのだろう。そう考えながら、真夏のアスファルトを歩く。


最近、よく蛇を見るのは、何故だろうね。