2014年1月26日日曜日

奇行師と飛行師16

「森は遠いのかい?」


と鯨怪人が尋ねると、駱駝の瘤姫はウインクした。「近道があるのよ」


砂埃がひどく前が見えない。息も吸えない。


歩みの遅い蝸牛男はついていくのに精一杯である。粘液に砂がついて、不快極まりない。


もうこれまでだ、と蝸牛男が思った時、瘤姫の声が聞こえた。「着いた!」


さっきまでの砂漠とは打って変わった景色が広がっていた。広葉樹、木々を揺らす風。


「どうやってここまで来たのか、さっぱりわからない」


蝸牛男がつぶやくと、瘤姫は蝸牛男についた砂粒を鼻息で吹き飛ばしながら言った。


「あら、わからなかった? 砂漠を潜って来たのよ? 昔、蟻地獄男爵に教えてもらったの」


「誰だその、男爵っていうのは!」


鯨怪人が嫉妬で潮を吹く。