2014年1月13日月曜日

奇行師と飛行師15

奇行師の言葉を固唾を呑んで待つ一行。


「ここからは、徒歩で行く!」


しかし、これは大いなる間違いだったのだ。砂漠に慣れた瘤姫、図体の大きい鯨怪人、飛行可能な飛行師、初戦は人間の奇行師、結局は蝸牛の蝸牛男が、足並みを揃えて歩けるわけがないのだった。


「奇行師さーん、どこを目指せばいいのー?」と先頭の瘤姫が振り向いて奇行師に問う。


奇行師はありったけの大声とパントマイムで答えた。


「森へ!」