2012年1月8日日曜日

猿の言葉

山から降りて町で暮らしたその猿は、一部の人間により町を追放されることになった。


猿が唯一覚えた人語は、「猿が去る」というものだったので、申年の年末までは町に居住することを許された。


次の申年まで覚えていられるだろうか、と不安に思った猿だが、それをうまく表明できないまま町を去った。



猿の言葉といえば、ボノボのカンジとパンバニーシャを思い出します。


息災だろうか。