2012年1月17日火曜日

ホトトギス

「イエローのアイラインが美しいですね」


と、ホトトギスに言う。本当にきれいだと思ったのだ。


「ヘチマ水で目を洗うのです」


そう言ったホトトギスの口中は、血のように赤かったから、それは真っ赤な嘘なのだろう、と思う。


大体、彼は名前が多すぎるところからして、信用ならぬ。杜鵑、時鳥、子規、不如帰、郭公、無常鳥……


明日は、ヘチマの洗眼液の作り方の本を図書館で探す。



子規記念博物館 訪問の記


 


架空ストアで、「新鮮なクリスマス」の販売を開始しました。


クリスマスの話が6編入ったふかふかな豆本です。よろしくお願いします。