2014年8月30日土曜日

朝霧 (お題:霧)

目覚めると、寝室は濃い霧で満ちていた。


確かに目覚めたはずなのに、まだ夢の中にいるのかと、激しく混乱する。


視界が悪くて、手元に手繰り寄せた目覚まし時計の針もよく見えない。本当に朝なのか。


体のあちこちを触り、乱れた布団を探る。湿気を吸って重たい。


窓のほうへ這って行き、よろよろと立ち上がり、カーテンを開ける。


カーテンも重く、心なしか開きが悪い。


窓の外は、快晴だった。眩しい。


思い切って窓を開けると、霧が一斉に音を立てて外気に吸い取られていった。