2013年10月18日金曜日

奇行師と飛行師7

飛行師が目覚めると、ニヤニヤと心配そうな顔でこちらを覗きこむ奇行師と、見知らぬ顔があった。


「でかしたぞ、飛行師。早速、変人を見つけたよ」


「蝸牛男です、はじめまして、飛行師」


蝸牛男は蝸牛の殻を背中に3600個背負っているのだった。


握手した時についた粘液を、飛行師は検分するように匂いを嗅いだ。


「立派な変人だよ、蝸牛男は」と、奇行師は誇らしそうに言った。


これから蝸牛男もともに旅をするという。


「さあ、次の変人を探すのだ! 飛べ飛行師!」


遠巻きに見ていた人々が、手を降って見送る。


奇行師と蝸牛男を背に立たせ、飛行師は飛ぶ。地上低く。