2013年7月25日木曜日

汽車と鉄道路線夫(お題:線路)

汽車は遅々として進まないがほんの少しは進んでいる。


一人の鉄道路線夫が線路を敷く後を付いているからだ。


けれど、ゆっくりと景色を眺めることも、時にうたた寝することも悪くはない。


夜は鉄道路線夫を客室に乗せる。一等席の座席でこんこんと眠る路線夫を乗せて、後ろ向きに走り、しばらくして戻ってくる。今日出来たばかりの線路の具合を確かめる。


「すばらしい線路だ」


鉄道路線夫の仕事はいつも丁寧だった。そしてまだ線路のない道を見渡しながら、汽車も眠る。先は長い。



ブログの更新が滞ってますが、ブログとは別に毎日書いています。


書いたものがどうにかなるかは、まだわかりませんが、とにかくせっせと書いています。